« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月24日 (水)

どうした?マリノス

マリノス、どうしちゃったんだよー。川崎相手に0-2、連敗して優勝は限りなく遠くなってしまった(__;)どうも守りを固めてくる相手は苦手のようだ。まあそれもあるが、マリノス自体歯車が狂ってる。全てにワンテンポずれてる。いい時はダイレクトプレイがポンポンと続き、リズムのいい攻めができるのに、最近はパスがずれる>うまくつながらないからドリブルが増える>サポートの動きも遅いから無理して持ちすぎる>相手の網にかかってカウンター食らう>いらついたマツを始めDFも前がかりになり、ウラを突かれる。こんな悪循環。こういう時、一人で仕事してくれるFWがいれば助かるんだけど、グラウも流れの中で生きるタイプだし・・・
こんなに首位と差がついてしまうとモチベーション下がるし、戦い方がむずかしいなー。終盤に向けて奇跡の追い上げを見せてリーグを盛り上げる?2つのカップ戦にかける?でも最近のマリノスカップ戦弱いんだよな。ナビスコ優勝したのは降格争いしてる年だったし。W杯来年に迫ってるのに、選手ももっとしっかりしろよ!

2005年8月20日 (土)

揃って敗戦・・

4、5日実家(長野)に帰省してきた。世間では、長野は涼しいと思われているみたいだけど、実家のある長野市は盆地だし、昼間は東京と変わらず暑い(-_-;)さすがに朝晩は涼しいけどね。
さて、今日は2つの重要な試合があった。Fマリノスvsジュビロ戦、そしてSPL・レンジャーズvsセルティック戦。2つ共リアルタイムで見ようと思ったら、なんと19時からのマリノス戦の終了間際の大事な時間から、セルティック戦が始まるではないの。参ったなーと思いつつまずはマリノス戦を見る。今年のマリノスは踏ん張れない。開始早々中途半端なディフェンスが続き、あっさり失点。ボール持った相手へのプレスが甘過ぎ。よって余裕を持ってパスを出されるので守りが後手後手に回ってしまう。2失点目もこぼれ球を長い距離ドリブルで持ち込まれそのまま決められる。なんか去年までのひたむきさがないなー。終了間際まであきらめず、同点に追いついたり、逆転したりといったシーンが今年はない。いくら去年ジュビロに一回も負けてないからって今年2連敗じゃしょうがないだろ!代表に1人しか呼ばれないのも仕方ないか・・・マグロン上がりすぎ、戻りが遅いしボランチの前にスペース与えすぎ。山瀬ってあんなもん?はっきり言って現状では期待はずれ!
といってるうちに20:30になった。0-2で負けてるし、セルティック戦にチェンジ。オールドファーム・ダービーは噂に違わず(前半だけだったけど)すごかった。お互い削りまくり、あっという間にセルティックは10人で戦うはめに・・・俊輔はといえば、いきなり迫撃砲の飛び交うイラクに派遣された自衛隊員のよう。頭上を通り過ぎるボールをやり過ごすばかり。ようやく試合が落ち着いてきてからも、見せ場はCKとFKの2本位、惜しかったけど・・・結局そのまま後半早々交代させられる。スコットランドもそうたやすくはいかないぞと思い知らされたという所かな。
という事で応援した2チームは揃って1-3で負けてしまいました。チャンチャン。

2005年8月14日 (日)

俊輔、アシスト記録!

ケガの影響からか、先発はしたものの動きが重く、キープできずボールを奪われる事もしばしば。俊輔に引きずられるようにチームも、今期昇格してきたチーム(ファルカーク)相手に苦戦する。そしてDFラインの乱れからPKを与え失点してしまう。そのまま前半終了。
後半に入って俊輔の体もほぐれてきたのか、徐々に好プレイを見せ、4分左サイドを崩して絶妙のクロス。ハートソンの頭にぴたりと合い、同点に追いついた。
その後は強豪らしく、あせらずじっくり機を伺い相手のペースが落ちた所で追加点。しっかり3-1で勝利した。
体調は5、6割という感じに見えたが、調子悪くてもここぞという時に決定的な仕事をするのは、さすが!
この2戦見て、FK、CKの精度、クロスの質とも、ポジション的にも近く同じくレフティーのトンプソンより上だと思う。でも昨日の試合でトンプソン2得点してるんだよね。その辺の勝負強さがあるから外せないし、俊輔にも今後求められてくる所かなー。次は2強対決のレンジャーズ戦。スタジアムの雰囲気すごそう。その中での俊輔の活躍を期待しよう!

2005年8月11日 (木)

グラウ獲得

中田の事書いてアップしてから、そういえばと思いだした(^^;)
Fマリノスが磐田からグラウを完全移籍で獲得した。やっぱり大物外国人FWは獲れなかったのね・・・まあそれなりにJで活躍してたし、まじめにやればいい選手なんだろう。まじめにやれば!しかし「エメルソンら岡田監督と仕事をした人からも素晴らしい監督と聞いている」という入団コメントを聞いて、嫌な予感がしたのは僕だけ???

中田、ボルトンへ

中田のイングランド・プレミアリーグ(スコットランド・プレミアもあるからね!)、ボルトンへの移籍が決まった様子。1年のレンタルのようだが、あのブランデッリ監督がフィオレンティーナに来てしまった以上、意地でも移籍してやるという感じで動いてたのかな?
まあイタリアには十分長い間いたし、イングランドの縦にがんがん走っていくスタイルは、中田の高速スルーパスには向いているかも。しかし、代表では今まで以上にFWがパスに追いつけない・・・シーンが増えるかも。でも低くて速いパス、クロスは日本サッカーの重要な課題の一つだと思うから、俊輔共々ぴりっとしない国内組に活を入れてくれー!

2005年8月 7日 (日)

やっぱ!佑二

東アジア選手権・韓国戦、相変わらずのぬるい展開にうんざりしていた後半41分、最後に決めたのはボンバーだった!スタメンはほぼ前回の通り、内容もこれ又前回同様立ち上がりはよかったものの、20分も過ぎるとガクッとペースが落ちる。中盤のプレスは消えディフェンスラインも下がりすぎていつ失点してもおかしくない状況に・・・考えてみれば、前回も良かったのは田中達也位だったし、こんなもんか、ふむふむ。
韓国もおそらく明日にでも監督が解任されるであろうという位のひどいできだっが、中澤が入るまでは、その相手に失点を食い止めるのが精一杯だった。坪井には悪いが、中澤が入ってとたんに安定した。おまけに中澤が攻めの起点にもなり、得点も取った。裏取られるし、坪井の守備は毎回怖すぎる・・・茶野は真剣なのはわかるが、コーチングしたり、声出してるシーンを見た事ない。3バックの真ん中としては?だな。茂庭は自分的には数少ない高評価の一人。1対1も強いし、中澤が入るまでは、茂庭が起点になってボールを散らしていた。本当は阿部がやんないといけないんだけど。その阿部、まだまだ。ミスしてボール取られても歩いてるし、守備も甘い。FKは一流だけど小野、中田がいるからなー。今野はいいんだけど、あと少し何か足りないという所か。駒野、村井は機能せず。本山も相変わらず機能せず。小笠原も相変わらずキープできない事多いけど、ためはつくれるかな。玉田、大黒はスピード以外に一芸身につけないと。いつも体調いいとは限らないしね。巻は気合あふれるプレイを見せた。といってもスライディングだけだけど。彼も一芸欲しい。
結局試合を決めたのは中澤だし、スタメンにレギュラー取りの気迫も感じられず、今日のメンバーでレギュラー組に食い込めそうなのは茂庭一人、というのが僕の感想デス。でも最下位にならなくてよかったね、ジーコはやはり強運か?韓国は一騒動ありそう・・・

さすが!俊輔

俊輔新天地スコットランドでのデビュー戦。vsダンディーUを見た。ろくにチーム練習もこなしてない段階、試合からも遠ざかっていてフィジカルもきつかったと思うが、さすが俊輔、鮮烈なデビューを飾った!あの開始早々のヘディングシュートが決まっていればそれこそセンセーショナルだったけど・・・
以前TBSで放送された俊輔の特集でやっていたが、ずっと前から、試合やトレーニングを通して感じたイメージをノートにメモし、それを頭の中で整理し、実戦で表現できるようにしているらしい。今回もビデオや練習、第1節の観戦から、頭の中にはいくつものパターンがイメージされていたんだろう。
やらなくてはいけない事、やってはいけない事、チャレンジできる時にやる事が、見事に整理されたプレイぶりだった。とかく俊輔にはあのまたぎフェイントで相手を翻弄するという印象があるが、最近プレイの8割以上はシンプルなダイレクトプレイに徹している。昨日も序盤は「何かしてみせてよ」っていう位ダイレクトでボールをさばいていた。でも、凡人と違うのは鋭角的なパスを速く正確に出せる所。ダイレクトで出すから相手も反応できないし、前方にしろ、バックパスにしろ、もらった方も相手がマークに来ないうちにプレイができるので、面白いように次のパスがつながる。相手が来たから横にいる味方に出しとこ、という逃げのプレイとは次元が違う。日本代表の選手も少しは見習えよ!それに序盤はフェイントは完全に封印し、相手を見極めてから徐々にチャレンジしていった。その辺の自己管理も見事。
残念だったのはFK、CKをほとんどトンプソンが蹴っていた事。FK蹴れないとアピール度低くなるなーなどと思っていたが、後半蹴るようになった。監督から一言あったのか?であの右隅狙ったFK、惜しかった。それにしてもスコットランドの観客は反応がはっきりしていておもしろい。
後半間際に交代し、入ったビーティーがとどめの1発。得点取れれば100点満点だったが、本人も思い通りのデビューだったと思う。チームレベルもレッジーナよりは数段上だと感じた。相手のダンディーUも昨季9/12位だったようだが、しっかりしていたし、セリエの下位同士の戦いよりは数段面白かった。CL敗退はつくづく惜しいけど、このリーグで揉まれるのはW杯、その後にとっていい環境と言えると思う。

2005年8月 6日 (土)

ナビスコ/Fマリノスvsアルディージャ

久しぶりにFマリノス戦リアルタイムで見れたー\(^^)/
ナビスコカップの大宮アルディージャ戦。典型的な格下相手に手を焼くパターンだったが、大橋から栗原の、バルセロナ戦のリプレイのようなヘッド一発で先勝。
圧倒的に支配するが、ボックスを埋め尽くす大宮DFにまともなシュートも打てない。一人抜いても又一人、スルー狙ってもDFの足に当たるという状況で、イライラが募る中、何とか1点をもぎ取った。栗原のヘディングは中澤をもしのぐ高さと、しなやかさがあり「・・・ヘッド!の愛称を募集します」っていう感じで、新しい得点パターンができたかな。
しかし冷静に振り返ると、チーム全体にミスが多い。特にドゥトラ、坂田の不振が気になる。さすがのドゥトラも春先からのフル稼働の影響が出てきたか?
山瀬もまだまだだが、試合を重ねるうちに良くなってきてると思う。まだまだこんなもんではないよね!大橋との共存ができればもっと攻撃的なマリノスが見れるかも。あとは久保。いい加減出て来ないと代表からも呼ばれなくなっちゃうぞ!
さて、そろそろセルティック俊輔、初戦応援モードに入ります!では又。

2005年8月 4日 (木)

東アジア選手権て#2

日刊より<宮本主将、新戦力を評価>ベンチで見守った宮本主将は、新しい戦力の健闘を評価した。「立ち上がりは硬かったけど、後半は気持ちの入った試合だった。それぞれの持ち味を出していた」って川淵キャプテンの言葉かと思ってしまいましたヨ。いつからあなたそんなに偉くなったんですか?はっきり言って今の代表の一番問題はDFでしょ。コンフェデも攻撃がまあ良かったから隠れてしまってますが、ほとんど失点はDFが裏とられたり、1対1で勝てないという点なんですよね。結局コンフェデ予選敗退、東アジアも下手すりゃ最下位という現実をしっかり認識してもらいたいもんです。最近そのキャプテンシーっていうのがどうも鼻につく・・・ピッチで結果を出せる強いDF陣再編を希望します!

2005年8月 3日 (水)

東アジア選手権て

東アジア選手権、日本代表vs中国代表、男女とも引き分け。なでしこの方は、今の状況がJ発足前の男子日本と同じような状況だと思うので、まだLリーグでも自由経済競争が十分に確立していない(サッカーだけではやっていけない)分、国家レベルで強化してくる共産国家(中国、北朝鮮)に今まで遅れをとっていたけれど、1分1敗と結果はまだまだとしてもレベルは上がってきていると感じる。個人の技術や戦術は完全に上回っていると思うし、あとは筋トレをしっかりやれば近い将来アジア1になれるんじゃないかな?
さてジーコジャパン。スタメン総入れ替えって、この大会をどう位置づけてるわけ?案の定最初は気合が入ってるからそこそこ良かったが、15分も過ぎればペース配分も考えず動いた影響で早くも足が止まり始める。サイド攻撃もできなくなり、逆にサイドを崩され、強さもない、高さもない、連携もないDFは完全に裏を取られ2失点。巻もポストプレイができれば、本山、達也あたりと絡んだ攻撃ができそうなのに、苦し紛れのシュートばかり。
後半も同じメンバーで、相変わらず横パスばかりの責任逃れの展開。誰か早く勝負しろよ、もたもたしてるうちに相手の守備が整ってしまうだろ。
何とか阿部の俊輔ばりのFKのこぼれを茂庭が押し込み、終了間際に達也が見事なシュートを決め同点に追いついた。
得点自体は素晴しかったが、勝てる試合をものにできなかったし、選手総入れ替えはこの大会を馬鹿にしているとしか思えないし(違うメンバー出てきていきなり同じサッカーができる程度のものなのか、ジーコのサッカーは)、こんな行き当たりばったりな事しててW杯大丈夫なの?
独断選手評:
田中達也はプレイ、ハートとも合格、それに伴い玉田はいらん。大黒は初心に戻れ!巻は今後のプレイ次第で久保のサブ?本山は小笠原同様いまいち代表にはフィットしないな。駒野はがんばってたけど、マリノスサポとしては田中隼麿の方がスタミナもあるしいいんじゃない?村井はうーん。今日の3バックはレギュラーはきついな。宮本もそうだけど、1対1で負けないセンターバックを使ってよ。そう中澤+松田だろ!それにしてもなんでジーコは三都主が好きなんだ?やはり楢崎よりは能活だろ。ジーコもバックアップ試す機会いくらでもあったんじゃない?いきなりじゃ選手もかわいそうだよ。
韓国戦をとくと拝見しましょ!

2005年8月 1日 (月)

東北ツアー記

3日間の東北ツアーも終了。昨日は仕事の後仙台泊まり。国分町に繰り出したが、日曜のせいか人気も少なく少し拍子抜け。だが客引きの数はすさまじく、飲み屋を探して100mも歩くと10人以上が近寄ってきた。まあ客連れてかないとお兄ちゃんたちもお金もらえないから必死なんだろうけど、うっとうしい!
ちょっとおしゃれな感じの居酒屋で飲んで帰った。結局牛タンは食べられなかった。残念!昨晩遅くまで飲んでしまったので、きょうはさくっと終了。
で、一夜明けて今日帰宅。仙台駅は七夕祭りの飾り付けがされていた。祭りは8/6、7、8に行われるようだ。tanabata

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »