« 兼六園は桜が満開! | トップページ | 先週 »

2006年4月16日 (日)

んー、さすがにきびしいか・・・

きのうのFマリノスの対ガンバ戦。試合としては取られたら取り返すという展開で、選手そして何より岡田監督の気迫が伝わってくる見応えのあるものだった。
しかし、いかんせんマグロン、マルケス、上野、奥、坂田、清水らをいきなり欠いた布陣では勝ちきる事はできなかった。せっかくナビスコで勝って、さあという時にごっそりメンバーが入れ替わってしまったのだから、ある意味よくがんばったといえるかもしれないな。
タメを作れるマグロン、上野がいない状況で、うちもガンバのような単純なサッカーをやるべきだった。ボールを奪ったら細かい事はしないでDFの裏へ、そのスペースに誰かが走り込んでシュートっていうパターン。
隼麿やドゥトラから上野、マグロンへつなぎ、ワンクッションあってからもう一度サイド、もしくは前線へスルーパスという形が今のFマリノスの形だけど、昨日はサイドからの出しどころがなく、ハーフウエイラインあたりからうまくビルドアップできず、逆にパスカットされカウンターを食らうというのが多かった。
最後の1点もGKが声出せば防げたと思うし。
しかし岡田監督の終盤の指示は鬼気迫るものがあった。だいたいリミッターとかの使い方が下手なせいか、NHK(BS含めて)の中継は音声の迫力がないんだけど、その中でもはっきり聞き取れるくらいの大声だった。しかし及ばず・・・
「レギュラークラスがこれだけ欠けていて、これだけのサッカーができるチームはなかなかない。がまんして乗り切れれば、必ずいけると信じている。」岡田監督の試合後の声だが、正直な意見だと思う。狩野という新戦力が出てきたし、負けは悔しいけど、まだまだ行けるじゃん!という希望の持てる内容だったしね!
まだまだ!!

« 兼六園は桜が満開! | トップページ | 先週 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106911/9614839

この記事へのトラックバック一覧です: んー、さすがにきびしいか・・・:

« 兼六園は桜が満開! | トップページ | 先週 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

amazon