« 1歩進んで2歩下がる・・・ | トップページ | 週末・大阪にて »

2006年11月30日 (木)

F・マリノスの思い切ったチーム改革

去年、今年と成績不振のF・マリノスにチーム変革の時が来たようだ。
若返りを図るという事で、GK下川、DF中西、MF平野、奥といった元代表選手から、2連覇も含めこれまでのF・マリノスで最も貢献度の高かったドゥトラまで、計7人が戦力外となった。GKコーチのディドとも契約しないという事。
この前のブログに”チーム改革が必要”書いたとは言え、ここまで大ナタを振るうとは思わなかったな。しかしサッカーってそういうスポーツ。監督が変われば選手も代わる。上り坂の選手は外にもっとレベルの高いサッカーがあればそこを目指すし、年齢重ねても現役にこだわる選手はたとえJ2でもプレイしようとする。
そういうドライな世界でのフロントの運営能力も又問われるし、そんな諸々全てをひっくるめてサポーターはひいきのチームを応援する。
来期監督には初代J得点王のラモン・ディアスを招聘するという噂も・・・
リーベル等での実績もあるし、個人的には大歓迎。しばらくは目が離せないぞ。
しかし毎年そうだけど、天皇杯の時期になんで契約更改しなきゃいけないのって思う。今年も期待薄かな・・・

« 1歩進んで2歩下がる・・・ | トップページ | 週末・大阪にて »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

横浜Fマリノス」カテゴリの記事

コメント

>*aprileさん
当時何度もスタジアムで見ましたが、カミソリのような切れ味のプレイはいまだに忘れられません。しかしあの頃はチケットなかなか取れなくて、何時間もぴあに電話かけまくってました。懐かしいなあ・・・

こんにちは。
マリノスは本当に思い切った改革を始めましたね。
ベテランと呼ばれる選手を放出するんですね。でもこれで若い選手が実力以上のものを出せればいいですね。若い選手が伸びるチームが強くなりますもの。「ディアスが監督か?」を見た時は驚きましたが本当なら嬉しいです。だってJリーグが始まった時の活躍はすごかったから・・・黄金の左足の彼は帰ってくるのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106911/12878940

この記事へのトラックバック一覧です: F・マリノスの思い切ったチーム改革:

» 社会 [シークレットサービス]
画面上へ 武装闘争継続 キリスト教の各信徒が を終 [続きを読む]

« 1歩進んで2歩下がる・・・ | トップページ | 週末・大阪にて »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

amazon