« さすが、ボカ! | トップページ | ミランが・・・ »

2007年12月14日 (金)

浦和とミランとの差

浦和善戦とか惜敗とか書いてる新聞もあるけど、明らかに差がある事を痛感した試合だった。
前半確かに浦和は攻める場面もあったけど、ミランは完全に様子見してたと思う。警戒されたって事はある意味認められたとも言えるけど、ミランにしてみたら未知の相手だから当然か。
しかし浦和に攻めさせても(ココがみそ)絶対に点は取らせないというイタリアならではの守備はさすが!
攻めさせられ、走らされて浦和のパフォーマンスが落ちてくるのを見るや怒濤の攻撃が始まった。
浦和を見極めてからのミランの攻めはやはりJとの差が明らかだった。
ミランはダイレクトパスが3本、4本続いてもグラウンダーの速いパスがピシッと足元に収まるのに対し、浦和の場合浮き球になっちゃったりしてたからね。
カカの相手の足の届かない所にちょんちょんとボールを出しながらのドリブル、そしてマイナス方向のラストパス。その出所にスルスルっと入り込むセードルフの動き、そして抑えの利いた見事なシュート。これぞセリエAというビューティフルゴールだった。
その後は無理はせず1-0でしっかり勝ち切る大人の試合運び!!
惜しかったのは後半に1回だけ訪れた浦和のチャンス。あのワシントンのシュートが入っていれば、最高にスリリングな試合になってただろうな・・・

でも決して埋まらない差でもない。
鈴木が”個ではかなわなくても組織の精度を上げれば対抗できる”と言ってたけど、それが日本の生きる道かな。技術は間違いなく年を追うごとに向上してるしね。

« さすが、ボカ! | トップページ | ミランが・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
わたしも新聞の書き方には疑問ありです。
個々の力の差、組織力の差がありありと見られました。
ミランはとてもしたたかでした。
とてもイタリアらしい勝ち方でした。
それにとても綺麗なゴールを見せてもらいました。
この差はいつかは埋まるでしょうが・・・今はまだまだですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106911/17363725

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和とミランとの差:

« さすが、ボカ! | トップページ | ミランが・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

amazon