« | トップページ | ラッキー!!828mk3を99,800円で »

2008年4月23日 (水)

死刑廃止論者によって死刑にされる皮肉

昨日の光市母子殺害事件で、犯人の元少年に死刑判決が下った。極めて当然の結果だと思う。
この元少年が今この時何を思っているのかはわからないが、死刑廃止を唱える安田好弘が主任弁護人になってからそれまで認めていた証言を翻し、”儀式”だの”ドラえもん”だの訳の分からない事を言い出し、結果”反省の色がない”と情状酌量される事なく死刑となった。死刑廃止論者の戦術が裏目に出て結果死刑判決を導きだしたと言わざるを得ない。皮肉なもんだ。
安田をはじめとしたこの弁護団はこの事件そのものに向き合う事なく”死刑回避”という側面からしか物事を見ていない気がする。
本村さんが言ったように、罪を認め、謝罪しつづけ、償いの気持ちを表し続けていれば、もしかしたら死刑は回避できたかもしれない。
最高刑として死刑が定められている日本の法制度を否定するのなら、弁護士なんかとっととやめて議員になればいい。議員立法でもなんでもしたらいいんじゃないの?

« | トップページ | ラッキー!!828mk3を99,800円で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

グッチコレクターさん

ほんと自分が裁判員をやる事になり、こういった事件に関わる事になったとしたら、重いですね〜・・・

*aprileさん

なんかあの弁護団は自分たちの主義主張のために弁護を引き受けたように思えて仕方ありません。
死刑囚となった少年が、本当に事件を反省し謝罪する機会を彼らによって奪われ、結果死刑判決を受けるはめになってしまった側面もあるような気がしますね。

こんにちは。
死刑制度のある日本での極刑は死刑です。
今回の判決は至極当然だと思いますが、差戻し審で弁護団が変わってから豹変した少年の態度にはわたし達、傍観する方も驚きました。
これが裁判官の心証を悪くしたのは確かですね。
死刑反対と言うのならこの国から出て行けばいいじゃない・・・とわたしは思ってしまいます。
少年がどんなに残虐な行動を取ったかなんて関係ないと言いたげでしたものね。

来年から裁判員制度が始まります。やりたくないです・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106911/40969046

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑廃止論者によって死刑にされる皮肉:

« | トップページ | ラッキー!!828mk3を99,800円で »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

amazon