« 欧州とアジア | トップページ | どうしたいの?反町監督 »

2008年6月30日 (月)

最高の舞台、最高の試合

ちょっと生観戦はキツかったので、録画していたEURO2008の決勝戦を今朝見た。たった今見終わったところ。最高に面白い試合だった shine

心配した通り序盤のスペインはぎこちなく、慎重な足元パスばかりで、そこをドイツが突いて鋭い攻めを見せた。”こりゃドイツが行きそうだな〜”という流れを断ち切ったのがフェルナンド・トーレス。前線でチームにカツを入れるプレイを連発すると、チームも活性化。いつものスペインらしくなってきた。よしよし happy01
その流れからDF、GKを強引にかわしての決勝点も生まれた。

点の取り合いになるかなとも思ったが、今年のスペインディフェンスが堅い。しっかり前半守り切った。

1-0のまま後半を迎えると、さすがドイツという反撃を見せる。リズムが悪くても、相手の1回のミスを見逃さず鋭いカウンター。
しばらくはドイツのリズムになるが、スペインも自分たちのパスを回すサッカーを貫き、次第にボールを回され走らされたドイツの足が止まり始める。
ミスも出始め、もうドイツに押し返す力はなく、そのままスペインが逃げ切った。

ポルトガルもそうだけど、華麗だけれどもここ一番に勝ちきれなかったスペイン。今年は勝負強さが加わって名実共に優勝に値するチームだったと思う。

スタイル的にも、日本代表が進むべき道を見せてくれたんじゃないかと思う。岡田監督もいい勉強になったと思う。しっかり最終予選に生かしてねsign03

« 欧州とアジア | トップページ | どうしたいの?反町監督 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

ドイツはいい時間帯もありましたが、スペインのパス回しに振り回されて最後には足が止まっちゃいましたね。
しかし、全出場国のレベルが高いので、ある意味ワールドカップより面白いですね!!

こんにちは。
今回のEUROは本当に面白い試合が多かったですね。
決勝も面白かった。
決勝トーナメントに入ってから布陣を変えたドイツがしたたかに勝つかと思っていたのですが・・・攻撃型のスペインが速さを生かしましたね。
守備もしっかりとしていたし。
世界レベルの速さを痛感させられました。
今回は守備的なサッカーをする国が早々に敗退してしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106911/41692940

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の舞台、最高の試合:

« 欧州とアジア | トップページ | どうしたいの?反町監督 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

amazon