« Happy X'mas! | トップページ | いざ、国立へ! »

2011年12月26日 (月)

MACHFIVE 3 ファースト・インプレ

やっとこさインストールした”MOTU MACHFIVE3note
マニュアル片手にざ〜っといじってみた。
Machfive3_shot
*読み込みや動作は前バージョンよりきびきびしてる印象。
*画面も、配色を含めグラフィックが見やすくなった。モダンになった。
*MACHFIVE3自体の表示サイズも数種類変更できるので、細かいエディットには便利かも。
*スクリプトを使った音源に関しては、モノによって評価が分かれる。世に出ているマニアックといえる程のプログラムを組んだ音源に比べると、かなりシンプルなので、アコピ(Fazioli=F Grand278)、エレピ(Rhodes MkⅡ1979年モデル=Mark 79)といった単一機種を扱った音源や、パーカッション(Percussiv)は音もいいし、エディットもツボにはまるんだけど、ギター、ベース、ドラムに関しては、"SC Electric Guitar"、"Trilian"、"Toontrack S2.0"を使ってる身からすると、ちょっと物足りないかな?
時間との勝負で、”出来るだけ速く、でももう少しリアルにしたい・・・”という時には出番があるかもね。
あくまでもそういった音源と比べての話だから、普通のPCMプレイバック音源よりは数段使えるよsign01
でも、スクリプト使った奴のロード時間は結構かかるsweat01

あと期待のマルチ音源的に使いたいベーシック楽器ものは、残念ながらほとんど前バージョンからのキャリーオーバーっぽいな。よく比較試聴してないけど、ファイルネームがほとんど一緒coldsweats02・・・

それに比べてシンセ系は充実してる感じ。一からのシンセサイズも出来るし、これは奥が深そう。

エフェクトは前バージョンもかなり使えた(dpに搭載してよ!というのも多々あった)けど、今回もいい感じ。またじっくり試したい。

IRCAMタイムストレッチピッチシフト等も期待大なんだけど、これはまだ試してない。後日。

音色を沢山読み込みすぎて一回落ちたけど(使わない音色はイジェクトボタンでアンマウント出来る)、まだちょっと使っただけとはいえ、固まったりもせず安定感のある感じがした。

使いはじめての感想は、’ソフトウエアとしてはなかなかのものじゃないかな”っていうところ。あとはライブラリーの充実。ユニバーサルサンプラーを唱っているので、今度Kontaktのライブラリー読ませてみようかな?

早く仕上げないといけない曲があるので、あんまりいじって遊んでられないんだけど、割とすんなり使いこなせそうな感じでひと安心happy01

« Happy X'mas! | トップページ | いざ、国立へ! »

music」カテゴリの記事

PRIME」カテゴリの記事

Vivace Musik!」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106911/53576150

この記事へのトラックバック一覧です: MACHFIVE 3 ファースト・インプレ:

« Happy X'mas! | トップページ | いざ、国立へ! »