« 録音した自分の歌を聴いてみる | トップページ | musikmesse 2015 »

2015年4月 9日 (木)

TelematicをV3に

先日の日記でもMOTUのソフトサンプラー・MachFive 3の事を書いたけれど、そのMachFive 3、バージョン3.21で止まったまま

ネタがあってのサンプラーだからして、同じUVIエンジンをもとに開発されたUSB社やAcoustic Samples社のソフトインストをずっとMachFive 3に読み込んで使っていたんだけれど、ソフトインストの方は新しいスクリプトやキースイッチをフィーチャーしてどんどん進化しているのに対して、母体となるMachFive 3のアップデートが進んでいないので、最新のソフトインストがMachFive 3では動作しないという状況になっている

自分はギターが弾けないので、デモでは必ずといっていいほど(ものによっては本チャンでも)使っているAcoustic Samples社のTelematic(テレキャスの音源)とGD-6(ギルドのアコギ音源)。この2つの最新版もMachFive 3では読み込みすら拒否されるので、UVI Workstationというプレイヤーで使っている。KontaktとKontakt Playerの関係だと思ってもらえればいいと思うけど、無料版では使えるけど有料のフルバージョンでは使えないという逆転現象が

TelematicはMachFive 3にバンドルされていて、version2にはMachFive 3が3.21にアップされた時に無償でアップデート出来たので、version3がリリースされた時から期待を込めて待っていたんだけれど、音沙汰ないし・・・

そんな折、Acoustic Samples社のHPでMachFive 3からのアップデート版(有料)見つけたので、もうMachFive 3での無料アップデートは無いかな?と思い購入してしまった。新規に買うよりは安かったけどね

なかなか、使い勝手も良くなり、1画面内でいろんな奏法を切り替え演奏でき便利ライブラリーの中身が変わったかはわからないが、リアリティは上がった感じがする。
GD-6はAcoustic Samplesで買ったので無料で最新版
Telematicv3
MOTUの”忘れた頃にやってくる・・・”には慣れっ子だけど、頼むよ〜

« 録音した自分の歌を聴いてみる | トップページ | musikmesse 2015 »

音楽」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

PRIME」カテゴリの記事

Vivace Musik!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TelematicをV3に:

« 録音した自分の歌を聴いてみる | トップページ | musikmesse 2015 »