アウトドア

2015年8月 8日 (土)

軽井沢へ

ここの処なんやかんやで忙しかったし、連日の異常な暑さで体も参ってきたので、リフレッシュしたいsign01ということで、昨日軽井沢に行ってきましたrvcar
初めてアウトレットにも行き、バッグなど買ってしまいましたcoldsweats01
Karuizawa1
夏休みということもあってか、アウトレットは大賑わいだったけれど、駅の反対側はちょっと寂しい感じだった・・・

でも、旧軽井沢まで足を伸ばすと、こちらは沢山の人sweat01
以前はニュースで夏のにぎわいの場面で、よく軽井沢のこんな光景が流れていたなあ、と思い出しました。
Karuizawa2

軽井沢とはいえ、町中はかなり暑いですねsun・・・

お昼に蕎麦を食べ、涼を求めて白糸の滝まで。
渓流沿いを快調にドライブして行くと、だんだんと空気もひんやりしてきて、エアコン切っても大丈夫でした。
車を駐車場に停め滝に向かって行くと、気持ち良い風が吹いてきてスーッと身も心もクールダウンsign01気持ちいい〜note
Karuizawa3
滝は、ダイナミックなものではないけれど、まるで仕掛け花火のように同じ高さから一面に水が流れ落ちて、優美な印象の滝でした。浅間山一体に降った雨水が6年かけて岩の隙間から流れ出てくるんだそうで、とても澄んでいて綺麗でした。
Karuizawa4

じっくり癒やされたところで、旧三笠ホテルを見学し(こちらも趣きのある建物だった)帰路に。

で〆はやっぱり日帰り温泉spa
昨日は妙義山の麓にある西下仁田温泉・荒船の湯に行きました。
ジェットバス、サウナ、露天もあり600円。なにより空いていたので、ゆったりのんびり出来ましたhappy01
Karuizawa6

というわけで、また暑い東京に帰ってきましたsweat02・・・

2015年5月 5日 (火)

夏に向けて

連休も終盤、今日も汗ばむ位のいい天気sun

日が長くなり、日射しも強くなってきたので、ベランダにグリーンカーテンと日除けを設置しました。
グリーンカーテンの方は、先日植えたゴーヤの苗の上に被さるようにポールを組んでネットを張りました。
そして、その横に日除けスクリーンを。
部屋のカーテンを閉め切っちゃうと圧迫感があるけれど、これなら窓の外の景色も見えるし、いい感じhappy01



そして庭の一角の畑には、トマトとキュウリを2つずつ植えました。
今年もたくさん収穫できるといいなnote


2015年5月 4日 (月)

道志に行ってきた

連休だし何処かに出かけたいけれど、高速は渋滞すごそうだし、下道で行ける所ということで、昨日道志に行ってきました。
しかし、橋本から津久井湖まで大渋滞😂
途中でなんとか迂回ルートを見つけ、それからは順調に走れたけれど、1時間半位で着くつもりが倍かかってしまった。

新緑のハイキングコースでも歩いてみようかなんて思っていたけれど、温泉にも入らないといけないし(これがメイン(^^;;)、道の駅でしばし休憩。






腹ごしらえをし、道志川沿いを散策し、紅椿の湯へ。カルシウム、ナトリウム、硫酸泉のお湯は、しっとり体にまとわりつく感じ。山の中の温泉にしては、サウナや気泡風呂もあり、ゆっくり楽しめる。
往路の渋滞のイライラもサッパリ流せました😅




帰りは渋滞もなく、1時間半程で帰って来れました❗️

2014年11月24日 (月)

数年ぶりのキャンプ!

前々から、久しぶりにキャンプに行きたいなあとは思っていたんだけれど、もう11月かあcoldsweats01・・・でも行きた〜いsign03
という事で、23、24日と1泊で静岡の西富士オートキャンプ場に、多分5年ぶり?位で行ってきましたfuji

このキャンプ場は、僕がキャンプ初心者の頃から何度となく訪れているキャンプ場。まかいの牧場にもほど近い高原のキャンプ場。
杉林の林間のサイトがメインで、面積も広いし、ゆったりとキャンプが楽しめ、自分の中でもリピート率の高いキャンプ場。
Nishifujiac1

連休という事で途中何度か渋滞にはまったが、お昼過ぎには到着sign01
連泊も含め、思ったよりも沢山のキャンパ=でにぎわってました。

ちょうど、到着の少し前から餅つきイベントが行われていて、お昼はあんこのお餅とお雑煮を頂く事が出来ましたsign01つきたてのお餅はやわらかくて最高においしかった〜happy01
Nishifujiac2
おなかも一杯になったところで、テント、タープの設営。覚えてるかどうか心配だったけれど、始めてみれば難なく思い出せてすぐ完了scissors

思いのほか順調に事が進んだので、付近を散策したり、たき火やBBQの炭の準備をしたり・・・午後はゆっくりと過ごせました。
Nishifujiac3

さすがに11月も後半、日が暮れると一気に気温が下がり、吐く息も白いsign01
ひんやり冷たい空気の中、炭やたき火の炎で暖を取りながらのキャンプは、ばか騒ぎするようなやつもいないし、気持ちいいnote
お酒もおいしいし、上空には満天の星shine普段できないような話も自然と出来たりしてね・・・
今日は、牛、鶏のBBQ、ポトフをメインにおいしく頂きましたrestaurant
Nishifujiac4

ただこの時期のキャンプともなると、持参したシェラフではちょっと役不足で、寒かったっす・・・上に、毛布、ダウンのブランケットなど掛けて、なんとかしのぎました・・・風邪ひかなくてよかったcoldsweats01

1夜明けて、今日はキャンプ場近くの田貫湖に行ってみました。
富士五湖のようにリゾートホテルがあったりする訳ではないけれど、湖の周りには芝生のキャンプサイトや、遊歩道が整備され、田貫湖の後ろには雄大な富士山の勇姿が望め、付近の紅葉とのコントラストも素晴らしい。
Tanukilake1
昨日、今日と天気も最高で富士山もはっきりと望めたし、ここでキャンプしても良かったかなあ・・・なんて気にもなりました。それほど素敵な景色だったnote
Tanukilake2

そんな富士山を背中に感じながら、天母の湯でキャンプの汗を流し、その後富士宮市街まで下り、お昼はB級グルメで全国区となった富士宮焼きそばをお宮横町・すぎ本で食し(思いのほか美味でしたsign01)、浅間神社でお参りをして帰路につきましたrvcar
Fujinomiya2
Fujinomiyasengenshrine1

東名〜圏央道も初体験したけど、あのジャンクションは設計ミスじゃないの?
行きも帰りも、本線はスムースに流れているにもかかわらず、分岐、合流で要らぬ渋滞が発生している感じがする。特に上り。厚木出口と圏央道八王子方面が東名から分かれるところで1車線になる。そりゃ混まない訳がないでしょ!
まだ工事中のところもあるので、今後改善されたりするのだろうか?

2014年10月29日 (水)

深大寺散策

このところずっと仕事が同時進行で落ち着かなかったんだけれど、昨日でとりあえず一段落note
今日は、神代植物公園、深大寺にでかけ、ゆっくり散策。
神代植物公園は、盛りを過ぎた感はあったけどバラ園は秋のバラが最後の見頃というところ。噴水を取り囲んで沢山のバラが咲き誇り、甘い香りに包まれていたshine
Jindaipark2

そして、バラと入れ替わるように今日から”菊花大会”が始まり、きれいに姿形を整えられた様々な菊が展示されていた。これぞ日本sign01という、手のこんだ繊細な姿の菊に見とれてしまった。
Jindaipark4

Jindaipark5

公園はかなりの面積で、一回りするのにもかなり時間がかかるけれど、そこかしこで秋の深まりが感じられた。
Jindaipark3

公園でのんびりしてかなりお昼も過ぎてしまったので、深大寺そばで一息ついて深大寺を参拝。水曜日なのに、かなりの人出。参道のお店もにぎわっていた。
深大寺は何回も来ているけど、広すぎもせず、お寺自体も落ち着いた感じで、僕は好きだな。
Jindaiji2

沢山お願い事をしてcoldsweats01、駐車場に戻る。
やはり最後はspaだよね。今日は稲城季乃彩「ときのいろどり」へ。
東京近郊の温泉特有の茶色いお湯、浴槽が小さいながら炭酸泉もある。

じっくり温まって・・・リフレッシュ完了sign03

2009年9月25日 (金)

秋キャンプ!

シルバーウイークsign01
しょっぱなは仙台〜秋田のツアーが重なっちゃったけど、後半は時間が取れたので,22、23日と山梨のウエストリバーキャンプ場で今年2度目のキャンプ。

連休最後の2日間は皆さん家でゴロゴロしてるんじゃないか?と思ったんけど、同じような考えの人が多かったのか,朝から中央道は結構な渋滞bearing甘かった〜。
ただ相模湖ICから先は結構流れてる様子だったので、相模湖まで下道で行く事にした。空いてはいなかったがそこそこ流れていたので、イライラする事もなく高速にINcar

キャンプ場のチェックインが14時からなので、少し足を伸ばして久しぶりに清里に。牧場や清泉寮を散策。そこかしこに咲くコスモスがなかなかきれいだった。
そして、ジャージー牛のソフトクリームは濃厚でなめらかな食感が旨しnote

ちょうどいい頃合いとなったので,南アルプス市のウエストリバーキャンプ場に向かう。
このキャンプ場は思ったより市街地に近く、清里ではちょうど良かった長袖では暑い位sweat01
設備は大変整っていて、スタッフもかなりの人数をかかえている。受付など応対も丁寧で好印象note

敷地も広く、場内を流れる川のほとりに広大なサイトが広がる。
連休とあって日帰りでバーベキューをしに来てるグループも多かったが、バーベキュー場が川の反対側にあるので、キャンパー達が迷惑な思いをしなくて済むようになっているのはいい配慮だと思う。若者とかのグループが多くてテンション高すぎな奴らも多いからね。

で、ミニチュアダックスの”ララ”ちゃん同伴のウチは、さらに奥の高台の林間サイト。サイトは殆ど埋まっていたが、結局隣には誰も来なかったので結構気楽に過ごせてラッキーだったscissors
サイトはウッドチップが敷き詰められていて寝心地もOKnote
ただ炊事場、トイレに行くのに坂を降りて行かないといけないのがちょっとキツかった。いい運動にはなったけど・・・
Westrivercamp






夕食のメニューは、手作りナンとカレー、定番の焼き肉、チキンの山賊焼きにトマトとモッツァレラのサラダ等。それとビールに黒糖焼酎sign01
やっぱアウトドアサイコーnotenote

sleepy

翌日は、名勝昇仙峡へ。
岩がむき出しになった覚円峰、約30mの高さから流れ落ちる仙娥滝など、見所が多く素晴らしい渓谷美を楽しめる。紅葉の頃に来てみたいな。

Shousenkyou_09





しばらく歩いてちょうどおなかもすいてきた頃,渓谷沿いの眺めの良いそば屋があったので、山梨名物”ほうとう”をいただく。味噌とダシが絶妙で麺もつるつるとコシがあって美味しかったhappy01

Shousenkyou2_09_2





おなかも一杯になったしそこから駐車場まで戻り,韮崎IC近くの”湯めみの丘”という日帰り温泉で汗を流す。全ての浴槽100%源泉掛け流しの贅沢なお湯spa弱アルカリのナトリウム・塩化物温泉。

さっぱりしたところで家路につく。
17時半位に韮崎から乗ったんだけど,談合坂あたりから20km以上の渋滞ホントにノロノロ状態だったので,思い切って上野原で下道(20号)に降りた。
下も混んでるかなと思ったがそんな事はなくスイスイsign01
みんな1000円にこだわって高速乗り続けてたんだろうか?

2時間かからずに家に帰って来られましたshine

2009年6月16日 (火)

キャンプ場で蛍鑑賞

14から15日にかけて、1泊で伊豆にキャンプに行ってきたsign01
伊豆自然村・ネイチャービレッジというキャンプ場で、伊東から伊豆スカイラインの方に登っていった所にある山間のキャンプ場。

(うちの場合)1泊4500円と伊豆にしてはリーズナブルな料金、釣り堀も併設されていて釣りが楽しめ、おまけに釣った魚は塩焼きにしてくれる、芝と林間のサイトをチョイスできる・・・等いいかなあと思ったのと、この時期キャンプ場内で蛍を鑑賞できるshineというのもあってココに決定note
東京近郊の天気は怪しかったが、伊豆方面はそこそこ天気が良さそうだったしね。
Izunature2

昼前には到着。芝生サイトも開放感があって良さそうだったんだけど、日光をまともに浴びて暑そうだったので(以前あまりの暑さで早朝に目が覚めた事ありsweat01)林間にした。

キャンプ場の印象はよく言えば自然を生かしたワイルドな感じ、言い方を変えるともう少し管理に手をかけてもいいかなという印象。
林間サイトはそんなにきちんと整地されてないので、石が多くテントを設置する場所を決めるのにちょっと苦労した。サイトまではちょっとした坂を30m位登るんだけど、FFの愛車プレサージュだとタイヤが滑ってしまい一旦下がってもう一度、という部分が。もう一組いたグループのクルマも同様だったので、ぬかるんだ時はちょっとキツイかもthink
サイトの広さはそこそこあり、木々が隣の区画との間に生えてたりするので、ある程度プライバシーは保てそうな感じ。まあ日曜泊でキャンパーが少なかったのもあると思うけれど。
Izunature




トイレ、水場は1箇所なので、芝生の端っこの人はちょっと遠いかも。

設営が終わって早速釣り堀へ。釣り堀ではにじます釣りができる。釣り堀の隣では鮎のつかみ取りが出来る人工水路もあり。こちらは子供向けか。
釣果はニジマス5匹。早速塩焼きにしてもらいおかず1品追加

さてお目当ての蛍だが、場内を流れる冷川で見られる。19:30から20:30が鑑賞タイムとなっていて場内の明かりは消灯となり、キャンパーもランタン等消すように言われる。
19:30とはいえまだ空はほのかに明るい。そのうち一つ、二つと蛍の緑色の光があちこちで見え始め、あたりが黒い闇に包まれるに従ってその数を増していく。ふんわりと漂うように舞うものも現れ、つかの間幻想的な世界に。
天気のせいか乱舞という程ではなかったが、それでもかなりの数の蛍の舞を楽しめたnotes
Izunature3

まあ写真は気持ちですcoldsweats01
まだしばらく蛍は楽しめるようだ。

伊豆は周囲に温泉も多いし、海に降りていって遊ぶ事も出来る。至れり尽くせりのキャンプ場でなくてもよいのであれば、値段も安いし楽しい時間を過ごせると思う。

2008年5月 8日 (木)

待ち時間が・・・

Blogさぼってたけど、連休中はマリノスの試合観に行ったり、丹沢方面にキャンプ行ったりしてました。
キャンプは6日に行ったんだけど、夕方まで雨に降られて(そんなに強い雨じゃなかったけど)テントの床に雨がしみてきたりで大変だったけど、釣り堀で釣ってきたニジマス焼いたり、肉焼いたり、たき火したりでリフレッシュnotes
翌日は又又釣り堀に行く事になり、6匹の大漁happy01でもそんなに食えんぞ〜
その後、キャンプ場近くの中川温泉spaでひと風呂浴びて帰ってきた。混んでそうだったので高速は使わず、246を走って帰ってきたけど、そんなに渋滞しなかったなあ

で、昨日は横浜駅前のホテルでディナーショーの仕事。本番時間は短いし、1回ステージだったので楽といえば楽なんだけど、本番終わってから、式典みたいのがあったので、30分以上片付けができず参ったsad

2007年10月15日 (月)

秋キャンプ!

この週末今年2度目のキャンプに行った。1回目は道志の”むじなキャンプ場”で、その後、いつ、どこだったか(忘れた・・)予約までしたんだけど雨でお流れになって、なんだかんだでまだ今年2回目。
今回は伊豆まで足を伸ばしてみた。最近朝晩冷えるようになってきたので少し温暖な所がいいだろうというのと、伊豆へは昔(^ ^;)はよく行ってたのに最近ご無沙汰というのと、いつもバーベキューで肉焼いてばかりなのでたまにはキャンプで魚でも食べるかっていう事で、目的地は稲取のストーンチェアキャンプ場に。

行きは少しドライブを楽しもうと、ターンパイクを一気に登り大観山の展望台で一休み。天気もよく、芦ノ湖、富士山がきれいに見えた!
Fujisan




それから伊豆スカイラインで伊豆半島の真ん中あたりまで走って東海岸へと下った。
135号線をしばらく走り、みかん畑や民家のある坂道を10分ほど上っていくとストーンチェアキャンプ場に到着。

今まで言ったキャンプ場の中では、お世辞にも設備や、管理が行き届いているとは言いがたいが、管理のおばちゃんがとても気のいい人だったのでまあいいかって感じ。
風呂は外で温泉に入るつもりだし、トイレや水場は一つしかないがほかにキャンプする人もいないので(3連休が続いた後の週末なので空いていた)水場の近くで気兼ねなく過ごせた。

ここのオーナーは八代繁広という方で、流木を使ったアートや家具を製作している。TVチャンピオン2:流木家具職人選手権で決勝まで進んだ経歴を持つ。オーナーは不在だったが、場内には工房があり、作品や素材がゴロゴロしていた。TVチャンピオンのゼッケンもありました!!

ほんとは地元の魚屋で刺身でもと思ってたんだけど、途中のんびりしすぎてテント、タープの設営が終わった頃にはあたりが薄暗くなってきたので、買い物はスーパーヤオハンでまとめ買い。刺身盛り合わせ(キンメ、ワカシがうまかった!)、地物のイカ刺し、お決まりの肉(牛スレーキ、豚トロ塩ダレ)、シチュウ用のシーフードミックス、つまみ類を購入。
テントに戻った頃にはもう真っ暗になってしまったが、今回のキャンプ前に買ったイワタニのツインカセットガスランタンのおかげで快適に調理できた^^
Newlantern 今までもカセットガスのランタンを2個とテント内用に蛍光灯ランタンを使っていたんだけど、ガスランタンの光量が足りないと感じでいた。でも燃料は手軽でどこでも手に入るカセットガスに統一しようと思ってたので、このツインカセットガスランタンは大正解。明るさも申し分なし、クリア面と曇りガラス面を逆さにすれば、明るさ重視、雰囲気重視と使い分けられる。ボンベむき出しのルックスも辺りが暗くなってしまえば”そんなの関係ねえ・・”

この夜は缶ビール、缶チューハイ、日本酒と大チャンポン大会だったけど、二日酔いにはならずにすみました〜。

翌日は城ヶ崎、伊豆高原の日帰り湯”高原の湯”を巡って帰ってきた。東名集中工事との事だったので小田原厚木道路を使ったんだけど、案の定混んでてのんびり走って帰宅とあいなりました。

2007年8月 1日 (水)

夏の生き物たち

東京も梅雨明け!暑い夏になるという予報の割には平年よりかなり遅くなったけど、明けてみればやはり暑いぜ・・・
でもいい天気に誘われて近くの公園に足を運んでみた。
行ってみて驚いたのがトンボの多さ!何十、いやそれ以上が群れをなして飛んでいる。ウマく写真撮る事ができなかったけど、こんな梅雨明け時にトンボって飛んでたっけ?と少し不思議な感じがしたが、どうなんだろう?まあもう8月なんだけどね・・・

でも目を凝らして周りを見てみると、夏の昆虫たちの営みが観察できて面白かった。
Seminukegara 多分ヒグラシとかの小さい蝉の抜け殻だと思うんだけど、この着替え方の見事さに感心!!

やっとミンミンゼミの鳴き声も聞けるようになったなあ。





Kanabun
カブトやクワガタに主役はとられてしまうけど、カナブンは身近なところにいっぱいいます!
この公園から少し歩いたところの緑道に沢山クヌギの木があるんだけど、カブトたちも姿を現してるんだろうな。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

amazon